メニュー

巻き爪naviは、巻き爪・陥入爪で
お悩みの方のための専門情報サイトです。

巻き爪のアンケート結果

服装を決められている職場で働く方や就職活動中の方、サービス業に勤めている方の中には、足の悩みを持つ人は多くいます。最近では、SNSで「#KuToo」運動が行われ、靴の自由化が盛んになっていますが、まだまだ自分にあった靴を選べる職場は多くありません。
2016年に行われた「足の爪に関する悩み」アンケートでは7割の方が足の悩みを抱えていると答えており、その中で巻き爪が最も多い悩みという結果になっています。

仕事やプライペートでも立ったり、歩いたりは生活の基本となっているので、早く足の爪の状態を改善して毎日を過ごせるようにしましょう。

当サイトでは、足の爪に悩んでいる方、特に巻き爪や陥入爪でお悩みの方にその原因や治療が行える全国の巻き爪治療専門院をご紹介しています。

巻き爪・陥入爪の治療院の選び方

巻き爪・陥入爪の治療院の選び方

巻き爪は、状態によって治療法がかなりことなります。多くのケースでは、巻き爪の専門治療院をおすすめします。
高年齢の方は、状態が進行してる場合が多いので、手術をおこなえる形成外科・皮膚科(病院)に相談しましょう。

巻き爪・陥入爪治療に保険は使える?医療費控除は?

巻き爪治療は大きく分けて2種類の治療法があります。

爪の形を器具を用いて修復する「矯正治療」と爪を部分的に取り除く「外科手術」です。
「矯正治療」はワイヤー法、クリップ法、ガター法など様ざまな種類があり、主に爪を矯正して正常な形に戻す治療法となります。
「外科手術」は爪の端の丸くなっている部分を外科手術で切除します。痛みを伴うため、部分麻酔を用います。切除した部分が再生しないように薬で対処する方法もあります。

巻き爪・陥入爪の治療方法の種類

巻き爪・陥入爪治療に保険は使える?

「矯正治療」は多くの場合、保険適用外で治療が行われ、「外科手術」は多くの場合は、保険適用がされます。
ご心配の方は、通院する医師や先生に保険の適用を確認すると良いでしょう。

巻き爪・陥入爪の治療期間

巻き爪・陥入爪の治療期間

治療方法で期間が異なります。
「外科手術」は、痛みが1週間から2週間ほど続き、定期通院、抜糸という流れになります。1ヶ月~2ヶ月で傷跡も少しずつきれいになり、徐々に目立たなくなっていきます。
「矯正治療」は、状態によりますが、約3ヶ月から半年で通院が終わるケースが多いです。手術より少し長い期間となりますが、施術後も普段と変わらない生活が送れます。

皆様の足のお悩みが1日も早く改善し、痛みなく歩けることができることを心よりお祈り申し上げます。

巻き爪naviとは?

巻き爪naviとは?
歩くのも痛い巻き爪の悩みを解決!
巻き爪naviは、巻き爪や陥入爪の痛みや爪の変形で悩んでいる人のために全国各地の治療が上手な治療院をご紹介する巻き爪治療の専門サイトです。
詳しく見る

ピックアップ治療院

ふかざわ整骨院

東京都中野区

日進北口鍼灸整骨院

埼玉県さいたま市北区

距骨スタイル春日井店

愛知県春日井市

一二三堂梅田整骨鍼灸院

大阪府大阪市北区

関口接骨院

東京都練馬区

掲載依頼を募集しています!

治療院の推薦を募集!
病院や治療院の掲載依頼を受け付けています
巻き爪naviは、巻き爪治療に特化したポータルサイトとして、全国各地の「巻き爪治療」と「陥入爪治療」が上手な治療院・病院の掲載依頼を受け付けています。
詳しく見る